早期発見で治療する!自分を守るための健康診断

健康診断と検診の違いは?

多くの学校や会社では一年に一回のペースで健康診断が行われています。この健康診断は特定の病気を発見するためのものではなく、広く健康状態をチェックすることが目的となっています。

一方検診は、ある特定の病気を発見することを目的とするものです。肺がんや胃がんなどの発見するためのがん検診はその一例です。自治体によってはある年齢以上の住人の方には、補助金を出して検診を受けられる場所もあります。あるいは病院などの医療機関が自費診療で検診を行っている場合もあります。

どちらの検査方法も今は特に症状が見られないというタイミングで受けることが多いと思われます。時間がなくて受けるタイミングがないという方もいらっしゃるかもしれませんが、この二つの検査方法を合わせて受けることによって早期発見の確率が上がります。

健康診断の結果を生かす

健康診断や検診はどうしても受けることが目的となっていまい、そのあとのことは後回しになってしまうケースがあります。例えば検査で特に問題がなかったので、結果を特に詳しく見ないで放置してしまうというパターンです。

お金を払って検査を受けたのであれば、その結果を生かした方が良いでしょう。もしそこで再検査の指示や他の医療機関の受診を薦められたら、すぐに行動に移しましょう。その行動が早ければ早いほど、さまざまな対策が立てられます。

検査で異常がなくても、その結果を生かすことは可能です。以前に受けた結果と比べることで、自分の体の変化に気づくことができます。

健康診断なら千葉とは、健康診断を受けたいときには千葉県の設備の整った病院で受けましょうということです。