肌トラブルのもとに?脱毛後に絶対にしてはいけないこと3選!

身体を温めるのはNG

脱毛施術をした後というのは、肌や身体が非常に敏感になっています。ですので、脱毛施術後にしてはいけない事項は、絶対に守らなくてはいけません。スタッフが教えてくれることでしょう。

まずは、身体を温めるという行為です。レーザーや光を照射してムダ毛を処理していますので、身体全体が軽いやけどを負ったような状態になっています。ですので、更にそこに熱を加えてしまいますと、肌トラブルのもとになってしまうのです。

例えば、湯船につかること、ジョギングなどの運動をすること、アルコール類を飲むことなどです。

日焼けをしてはいけない

続いては、施術をした箇所は出来るだけ日焼けしないように気をつけましょう。

先ほどにも言及したように、肌が軽いやけどを負った状態になってしまうので、日焼けをすると肌に負担がかかり、肌トラブルを起こしてしまうのです。もし万が一日焼けをして赤みなどが出てしまった場合には、放置せずにすぐに皮膚科に行った方が良いでしょう。早めの処置が大切です。

ムダ毛が伸びてきても自己処理しない

最後に、もしムダ毛が伸びてきたとしても、一定期間内は決して自己処理しないようにしましょう。一定の長さまで伸びてからポロッと抜けていきますので、中途半端な状態でカミソリなどで処理してしまいますと、抜けかけていたムダ毛がそのまま肌の中に残ってしまうことになります。

埋もれ毛になり、肌の表面から透けて見えるというあまり好ましくない状態になってしまいますので、絶対に勝手に自己処理をしないようにしましょう。

全身脱毛とは、顔から足の先まで全て脱毛することを指します。部分脱毛に比べてお得だと言えます。脱毛サロンや医療機関で行われます。