痩せにくい部分もすっきり、注射するだけで理想体型に!脂肪溶解注射について

脂肪溶解注射は日帰りOK、切らずに部分痩せを実現

頑張って辛いダイエットを乗り越えた後、体重は確かに減って全体的にはスリムになったけど、まだ二の腕や太ももがムチムチなのが気になる、そんな経験をされる方は少なくありません。こうした脂肪が落ちにくい部分を確実に細くするには、昔なら脂肪吸引手術くらいしか手段がありませんでした。しかも脂肪吸引手術は痩せたい部分にメスを入れ、そこに管を通す必要があるため体への負担が大きく、痛みに弱い方や手術を避けたい方には向かない痩身法でした。しかし脂肪溶解注射なら手術は必要なく、痩せたい部分に注射を打つだけなので、施療時間は10~15分程度。その日のうちに帰宅できます。

脂肪溶解注射の中身って?デメリットは無いの?

脂肪溶解注射の主な成分はアミノ酸の一種のレシチンで、大豆などに多く含まれる成分です。このレシチンには脂肪を乳化させ、溶かし出す効果があります。このレシチンを脂肪層に直接注射、脂肪細胞を溶かして血中に取り込み、汗や尿と一緒に排泄させるのが脂肪溶解注射の施療です。脂肪細胞そのものを溶かして外に出してしまうため、施療後のリバウンドが起こりにくくなります。また、脂肪溶解注射には新陳代謝を活発にさせる作用があるため、注射の効果がある間は体そのものが痩せやすい状態になります。施療後には注射の痕が赤くなる場合もありますが、2週間程度で回復します。デメリットは、レシチンを使うため大豆アレルギーの方には向かないということと、脂肪の付き方などによって効果が個人で異なるため、1回の費用は2~3万円程度なのですが、施療回数が増えるに従って金額がかさむ可能性がある、ということです。施療を受ける前にカウンセリングを受け、医師にしっかり確認しておきましょう。

顔や身体の気になる部分に脂肪溶解注射をするだけで脂肪を溶解し血流を良くするので、施術部分がスリムになり弾力性を与えます。すぐに効果が実感でき、リバウンドの心配もありません。